コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エドワーズ高原 エドワーズこうげんEdwards Plateau

2件 の用語解説(エドワーズ高原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エドワーズ高原
エドワーズこうげん
Edwards Plateau

アメリカ合衆国,テキサス州西部の高原。通常グレートプレーンズの延長とみなされている。リオグランデ川の支流のペコス川が西の境になっている。標高は 600~1500mで,リオグランデ川およびコロラド川の水源地である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エドワーズ高原
えどわーずこうげん
Edwards Plateau

アメリカ合衆国南部、テキサス州南西部にある高原。グレート・プレーンズの最南部に位置する。西は標高1200メートル付近から、東は標高300メートル付近まで、東に向かって緩く傾く広大な地域で、その東方はメキシコ湾岸の海岸平野につながる。ヒツジをはじめとする典型的な大規模牧畜業が営まれている。羊毛などの集散地をなすサン・アンジェロがその中心都市で、東部には古い歴史をもつ大都市サン・アントニオがある。[鶴見英策]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone