エドワード・S. ホールデン(英語表記)Edward Singleton Holden

20世紀西洋人名事典の解説

エドワード・S. ホールデン
Edward Singleton Holden


1846 - 1914
米国の天文学者
元・カリフォルニア大学総長,元・リック天文台長。
セントルイス生まれ。
陸軍士官学校卒業、軍務を終え陸軍大学校助教授となり天文学を講じる。1873年米国海軍天文台に転じ、サイモン・ニューカムと共に新設の65cm屈折望遠鏡で観測、翌年リック天文台設立に関与し、完成と共にその指導に当たる。1881年ウィスコンシン大学天文台長、1886年カルフォルニア大学総長、1888年リック天文台長を務め、その間コロラド州、南洋カロリン諸島で日食観測を行う。1889年太平洋天文学会を組織、1897年からはニューヨークに移り、「天文学概論」等の著作に専念。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android