エド族(読み)エドぞく(英語表記)Edo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「エド族」の解説

エド族
エドぞく
Edo

ビニ族 Biniともいう。ナイジェリア南部のニジェール川西岸やデルタ地帯に住む民族。言語はニジェール=コンゴ語派のクワ諸語に属する。人口約 380万と推定される。生業は典型的な熱帯農業で穀物栽培を行い,家畜も飼育し,手工芸が盛んである。村落が政治組織の基礎で,村の男たちは少年組,成人組,老人組の年齢組体系に入る。村長は一般に最長老がなるが,世襲の場合もある。昔はオバと呼ばれる神聖王がいた。今日ではキリスト教イスラム教を信じる者も多いが,創造神,英雄,死霊などを崇拝する伝統宗教も生きており,呪術妖術も行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android