コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エヌーグー Enugu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エヌーグー
Enugu

ナイジェリア南部の鉱工業都市。ポートハーコート北北東約 180kmに位置。 1909年に近郊で石炭が発見され,16年にポートハーコートと鉄道で結ばれて以来,急速に発展。格子状街路の計画都市で,商業,工業,行政各地区が分離されている。鉄道車両工場,セメント,製材,製陶などの工業があり,ヤムイモキャッサバ,トウモロコシ,米,家畜などの集散が行われる。ナイジェリア大学の一部がある。人口 27万 8900 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

エヌーグーの関連キーワードアバカリキアバ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android