コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エネルギー多消費時代 エネルギーたしょうひじだいenergy consuming age

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エネルギー多消費時代
エネルギーたしょうひじだい
energy consuming age

1980年代の世界的な好景気により,エネルギーの総需要が急増し,それまでの「省エネ」から「増エネ」へと転換した時代を指す。この背景として,供給面においては,平和な国際環境と2回の石油危機経験を生かした各国のエネルギー多様化・多元化によるエネルギー価格の低位安定があげられる。また,需要面においては,好景気による鉄鋼・化学産業などのエネルギー消費量の増加や,製品の高付加価値化としての消費者の高級・大型・多機能指向による民生エネルギーの消費効率の悪化などがあげられる。人々のアメニティー志向が強まり,省エネルギーに対する意識が低下しているともいえる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

エネルギー多消費時代の関連キーワード黒人問題印僑醸造業RCA情報化社会平山郁夫ウェンツェルアフリカン・アメリカン音楽工業薬品工業高齢者事業団

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android