エプステイン(読み)えぷすていん(英語表記)Jean Epstein

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エプステイン
えぷすていん
Jean Epstein
(1897―1953)

フランスの映画監督、著作家。ポーランドのワルシャワに生まれる。スイスで中等教育を受けたのちリヨンに移住、大学で医学を学ぶ。当時の新しい文学や芸術運動への共鳴、ルイ・デリュックら映画人との交流から映画にひかれ、1921年最初の著作『映画よ今日は』を発表、映画の可能性を熱烈に論じた。1922年ドキュメンタリー『パストゥール』(ジャン・ブノワ・レビとの共同監督)で監督に進出、1923年にはリアリズムと詩的表現とを結合させた傑作『まごころ』をつくった。ほかに『アッシャー家の末裔(まつえい)』(1928)などの前衛的映画や、ドキュメンタリー映画、また『エトナ山上から見た映画』(1926)などの著作がある。[武田 潔]

資料 監督作品一覧

パストゥール[ジャン・ブノワ・レビとの共同監督] Pasteur(1922)
まごころ Coeur fidle(1923)
滴る血潮 La goutte de sang(1924)
蒙古の獅子 Le lion des Mogols(1924)
アッシャー家の末裔 La chute de la maison Usher(1928)
装へる夜 L'homme a l'Hispano(1933)

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android