エプソム・ユーエル(英語表記)Epsom and Ewell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エプソム・ユーエル
Epsom and Ewell

イギリスイングランド南東部,サリー県北部の地区。グレーターロンドンの南西に接し,ノースダウンズ丘陵北麓にある。1618年頃鉱泉が発見されてから発展し,瀉利塩(しゃりえん)epsomiteはこの鉱泉に産したことにその名が由来する。またジェームズ1世(在位 1603~25)がノンサッチパークに住居を定めた頃から競馬が始まり,1730年以来,年中行事となり,エプソム競馬として知られるようになった。そのなかでも有名なのがオークス(1779)とダービー(1780)で,いずれもイギリスのクラシック競走に数えられている。ロンドンを取り巻くグリーンベルト緑地帯)にあたり,緑地や公有地が多い。面積 34km2。人口 6万4493(2001)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android