コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エプソム・ユーエル エプソム・ユーエルEpsom and Ewell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エプソム・ユーエル
Epsom and Ewell

イギリスイングランド南東部,サリー県北部の地区。グレーターロンドンの南西に接し,ノースダウンズ丘陵北麓にある。1618年頃鉱泉が発見されてから発展し,瀉利塩(しゃりえん)epsomiteはこの鉱泉に産したことにその名が由来する。またジェームズ1世(在位 1603~25)がノンサッチパークに住居を定めた頃から競馬が始まり,1730年以来,年中行事となり,エプソム競馬として知られるようになった。そのなかでも有名なのがオークス(1779)とダービー(1780)で,いずれもイギリスのクラシック競走に数えられている。ロンドンを取り巻くグリーンベルト緑地帯)にあたり,緑地や公有地が多い。面積 34km2。人口 6万4493(2001)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

エプソム・ユーエルの関連キーワードジェームズ優駿牝馬東京優駿

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android