コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エポネマイシンの癌増殖抑制 エポネマイシンのがんぞうしょくよくせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エポネマイシンの癌増殖抑制
エポネマイシンのがんぞうしょくよくせい

土壌細菌などからの抗癌抗生物質の探索は盛んに行われているが,最近,フィリピンの土壌細菌から単離されたエポネマイシンは,毛細血管の生成を抑える作用を示した。これを癌組織に対して用いると,組織周辺の血管新生が阻害されて栄養補給を断たれ組織の増殖が抑えられることになる。まだ研究段階ではあるが,核酸などに作用しない抗癌物質として実用化に期待がもたれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android