血管新生(読み)ケッカンシンセイ

デジタル大辞泉の解説

けっかん‐しんせい〔ケツクワン‐〕【血管新生】

組織の維持や増殖に必要な酸素や栄養を得るために、既存の血管から新しい血管がつくられること。
[補説]血管新生は、胎児の成長、創傷の治癒、黄体胎盤の形成過程などで正常な生理現象として起こる。さらに、動脈硬化関節リウマチ糖尿病網膜症などの疾患や固形癌が増殖・転移する際には異常な血管新生が起こる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

血管新生の関連情報