コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エマルジョンチェンバー エマルジョンチェンバー emulsion chamber

1件 の用語解説(エマルジョンチェンバーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エマルジョンチェンバー
エマルジョンチェンバー
emulsion chamber

原子核乾板,炭素板,鉛板などの物質層と,工業用X線フィルムを交互に重ねて高エネルギー光子を検出する装置。光子は,チェンバーの中で光子がつくるカスケードシャワーとして,原子核乾板とX線フィルムとに記録される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のエマルジョンチェンバーの言及

【宇宙線】より

…しかし加速器では実現できない1012eV以上の高エネルギー領域での研究は,現在でももっぱら宇宙線によって行われている。 ハドロンの相互作用については,エマルジョンチェンバー(原子核乾板と炭素,鉛などの板とを交互に多数段積み重ねた核反応検出装置)を気球や飛行機に搭載したり,高山に大面積に展開して研究がなされ,中間子多重発生現象では,横方向運動量一定の法則,発生粒子数のエネルギー依存性,特別な型の相互作用など,多くの成果が得られている。さらに高いエネルギー領域については,山上や地上の広大な面積に多数のシンチレーションカウンターやその他の計数管を散在させた装置で,拡大空気シャワーとして降ってくる105~1010個の荷電粒子の観測を行い,超高エネルギー核相互作用の特性についての究明が行われている。…

【原子核乾板】より

…原子核乾板は宇宙線の研究を中心に第2次世界大戦後急速に発展し,中間子の発見をはじめ多くの重要な成果をあげた。最近では乾板と鉛などの金属板や炭素板などを組み合わせたエマルジョンチェンバーemulsion chamberを用いて,高エネルギー領域の宇宙線および加速器実験が行われている。【山田 潔】。…

※「エマルジョンチェンバー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エマルジョンチェンバーの関連キーワードカスケードシャワー原子核乾板原子核反応原子核分裂鉛板原子核崩壊同位核原子核人工変換原子芯タウニュートリノ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone