コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エマルジョンチェンバー emulsion chamber

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エマルジョンチェンバー
emulsion chamber

原子核乾板,炭素板,鉛板などの物質層と,工業用X線フィルムを交互に重ねて高エネルギー光子を検出する装置。光子は,チェンバーの中で光子がつくるカスケードシャワーとして,原子核乾板とX線フィルムとに記録される。霧箱泡箱と異なり,感光面の拡大が可能で,露出と現像以外に特殊な操作や作動装置を必要とせず,経済的で,実験目的に合せて自由に設計できる。宇宙線による超高エネルギー現象の研究にきわめて有用である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のエマルジョンチェンバーの言及

【宇宙線】より

…しかし加速器では実現できない1012eV以上の高エネルギー領域での研究は,現在でももっぱら宇宙線によって行われている。 ハドロンの相互作用については,エマルジョンチェンバー(原子核乾板と炭素,鉛などの板とを交互に多数段積み重ねた核反応検出装置)を気球や飛行機に搭載したり,高山に大面積に展開して研究がなされ,中間子多重発生現象では,横方向運動量一定の法則,発生粒子数のエネルギー依存性,特別な型の相互作用など,多くの成果が得られている。さらに高いエネルギー領域については,山上や地上の広大な面積に多数のシンチレーションカウンターやその他の計数管を散在させた装置で,拡大空気シャワーとして降ってくる105~1010個の荷電粒子の観測を行い,超高エネルギー核相互作用の特性についての究明が行われている。…

【原子核乾板】より

…原子核乾板は宇宙線の研究を中心に第2次世界大戦後急速に発展し,中間子の発見をはじめ多くの重要な成果をあげた。最近では乾板と鉛などの金属板や炭素板などを組み合わせたエマルジョンチェンバーemulsion chamberを用いて,高エネルギー領域の宇宙線および加速器実験が行われている。【山田 潔】。…

※「エマルジョンチェンバー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エマルジョンチェンバーの関連キーワード飛跡検出器

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android