エミリー ルー(英語表記)Émile Roux

20世紀西洋人名事典の解説

エミリー ルー
Émile Roux


1853.12.17 - 1933.11.3
フランスの細菌学者。
元・パスツール研究所所長。
コンフォラン生まれ。
別名Eḿile Pierre Paul。
パリ大学医学で1881年博士号取得、1884年パスツール研究所の助手を経て、1904〜18年パスツール研究所所長を務める。炭疽病、狂犬病のワクチンの研究でパスツールに協力し、1889年ジフテリア菌外毒素を発見、ウマを免疫にしてジフテリア抗毒素血清の大量生産に成功。近代血清療法の礎石となる。’03年、共同で梅毒病原スピロヘータのサル感染実験に成功し、梅毒スピロヘータの病原説が証明された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android