エミール ブートルー(英語表記)Émile Boutroux

20世紀西洋人名事典の解説

エミール ブートルー
Émile Boutroux


1845.7.28 - 1921.11.22
フランスの哲学者
元・ソルボンヌ大学教授。
モンルージュ生まれ。
別名Etienne Emile〉 エティエンヌ・エミール(Boutroux ブトルー。
唯心論的実在論の主唱者J.ラシュリェに師事、又ドイツ哲学をハイデルベルク大で学ぶ。1877年高等師範学校哲学教授を経て、1888〜1907年ソルボンヌの近代哲学史教授。彼の哲学は科学の主張する自然の因果的必然性を越えて、質的観点から自然の運動のうちに目的を見るとともに、自然的存在から人間に至る諸段階に、漸増する偶然性と進歩を跡づけることで、唯心論的存在論を説いた。哲学史家、教育家としても優れ、ベルクソン等気鋭の哲学者を育てた。著書「自然法則の偶然性」(1874年)、「現代哲学における科学と宗教」(1908年)等。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android