コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エムペドクレス エムペドクレスDer Tod des Empedokles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エムペドクレス
Der Tod des Empedokles

ドイツの詩人 J.C.F.ヘルダーリーン未完戯曲ジャポニカも 1798~99年執筆,死後 1846年刊。前5世紀のギリシアの自然哲学者エンペドクレス主人公にした宗教的悲劇。主人公は神々や自然から離反してしまった民衆に対し,再びこの根源的な存在である神聖な万有と一致させようと努力するが,彼自身熱意のあまり,神々に対してあやまちを犯してしまう。その罪を償うため自分の身を犠牲にして,エトナ山火口に身を投じ,乱された秩序を回復するとともに万有との合一を得る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android