コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エトナ山 エトナさんMonte Etna

4件 の用語解説(エトナ山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エトナ山
エトナさん
Monte Etna

イタリア南西部,シチリア島の北東部にあるヨーロッパ最高の活火山(約 3320m。噴火によって変化する)。シチリアではモンジベロ Mongibelloと呼ばれる。主火口をもつ中央火口丘と 200をこえる側火口をもつ外輪山がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界遺産詳解の解説

エトナさん【エトナ山】

2013年に登録された世界遺産自然遺産)。シチリア島東部にある標高3335mのエトナ山は、地中海の島の中では最高峰であり、アルプス山脈を除けばイタリアでも最高峰だ。この山を中心とした192km2の山岳部が世界遺産の構成資産となっている。50万年前に活動を開始したといわれるエトナ山は、少なくとも2700年前には現在のような活発な活動をしていることが記録されている。5万7000年前と1万5000年前に大噴火を起こして現在見られる美しい円錐状の火山となった。世界一活動が活発な火山の一つで、現在もしばしば溶岩を噴出しており、火山学・地球物理学などの地球科学の研究上、貴重な存在である。この独特な火山活動は、植生を妨げることもなく、固有の動植物を含む貴重な生態系が育まれており、生態学や生物学の研究上も貴重な存在である。山頂の噴火口、噴石丘、溶岩流、あるいはボーべェ渓谷など火山の活動とそれによる多様な地形を観察できるために、学者の研究の場として、さらに学習の場としても貴重である。◇英名はMount Etna

出典|講談社
世界遺産詳解について | 情報

世界の観光地名がわかる事典の解説

エトナさん【エトナ山】

イタリア南部シチリア島の東部にある、同島最高峰の活火山(標高3323m)。火山としては世界最大級で、ヨーロッパの最高峰である。現在も、しばしば噴火を繰り返し、2007年5月9日に大噴火を起こしたばかりである。◇遺跡の町、リゾートとして知られるタオルミーナ(Taormina)がエトナ山の絶景ポイントとして知られる。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エトナ山の関連情報