コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エメット エメット Emmet, Robert

3件 の用語解説(エメットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エメット
エメット
Emmet, Robert

[生]1778. ダブリン
[没]1803.9.20. ダブリン
アイルランドの愛国者。 T.エメットの弟。ユナイテッド・アイリッシュメンの一員。 1802年ナポレオン1世と接触。 03年ダブリン政庁を襲撃したが,捕えられ絞首刑となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

エメット
エメット
Emmet, Thomas Addis

[生]1764.4.24. コーク
[没]1827.11.14. ニューヨーク
アイルランドの法律家。ユナイテッド・アイリッシュメンの指導者。 R.エメットの兄。 1798年の蜂起の際逮捕され,1802年オランダに送られる。パリでナポレオン1世のアイルランド侵入計画に関係。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

エメット【Robert Emmet】

1778‐1803
アイルランドのイギリスとの合同(1801)直後に独立運動を指導したユナイテッド・アイリッシュメンの一人。兄トマスの影響をうけてトリニティ・カレッジ・ダブリン在学中から活動し,大学中退後ヨーロッパ大陸に渡り,1802年にはナポレオンやタレーランとアイルランド独立について論じた。ナポレオンの真意を疑いながらも,ダブリンにもどって蜂起計画をたて,市内各所に武器を蓄えた。03年に英仏戦争が再開されると,ナポレオンのイギリス侵攻計画にあわせて8月に蜂起すべく準備を進めたが,貯蔵していた火薬が爆発したため,7月に,無統制なわずか100人の集団で武装蜂起し,直ちに鎮圧された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エメットの関連キーワードアイルランドポイニングズ法アイルランドの子守唄アイルランド[島]アイルランド問題カースルレーアイルランド家畜法イギリス[諸島]グレート・ブリテン・アンド・アイルランド連合王国イギリス・アイルランド条約

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エメットの関連情報