コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エラミミズ エラミミズ Branchiura sowerbyi

4件 の用語解説(エラミミズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エラミミズ
エラミミズ
Branchiura sowerbyi

環形動物門貧毛綱近生殖門目イトミミズ科。体長8~15cm,体節数約 120。体の後部に櫛のような鰓がついている。池や沼の泥の中に頭を突込んで逆立ちし,この鰓を水中で揺り動かして呼吸する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

エラミミズ

ユリミミズ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

エラミミズ【Branchiura sowerbyi】

貧毛綱イトミミズ科の環形動物イラスト)。日本各地に分布していて,水田,池,沼などの底の泥中にすむ。体長はふつう6~8cmほどであるが,なかには15cmになるものもある。体節数は100~200。体の後端の60~70体節には背腹の両正中線上に細い糸状のえら突起があり,櫛(くし)の歯のように見える。各体節は2対の短い剛毛の束をもっている。環帯は第10~12体節にあり,雄性孔は第11体節の腹面に開く。頭部を泥の中に差し込んで逆立ちし,えらを水中で揺り動かして呼吸する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エラミミズ
えらみみず / 鰓蚯蚓
[学]Branchiura sowerbyi

環形動物門貧毛綱イトミミズ科の水生ミミズ。体の末端に糸状のえらが生じるため、この名がある。体節数約120個。体長は普通60~80ミリメートルであるが、なかにはその倍ぐらいの大きさに達する個体もみられる。色は淡紅または淡紫色。水田や池沼に多く、イトミミズと同じように体の前半を泥中に隠し、えらのある部分を水中に出してこれを揺り動かす。高温、低温のいずれにもよく耐えられるためか、世界中に広く分布する。エラミミズ類は世界にただ1種知られるだけである。[大野正男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エラミミズの関連キーワードイトミミズヒトツモンミミズ貧毛類ユリミミズイソミミズ磯蚯蚓糸蚯蚓蚯蚓シーボルトミミズフトミミズ(太蚯蚓)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone