エラミミズ(英語表記)Branchiura sowerbyi

  • えらみみず / 鰓蚯蚓

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

環形動物門貧毛綱近生殖門目イトミミズ科。体長8~15cm,体節数約 120。体の後部のようながついている。池や沼のの中に頭を突込んで逆立ちし,この鰓を水中で揺り動かして呼吸する。日本各地のみならず世界中にも広く分布し,キンギョなどの生き餌に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

貧毛綱イトミミズ科の環形動物(イラスト)。日本各地に分布していて,水田,池,沼などのの泥中にすむ。体長はふつう6~8cmほどであるが,なかには15cmになるものもある。体節数は100~200。体の後端の60~70体節には背腹の両正中線上に細い糸状のえら突起があり,櫛(くし)ののように見える。各体節は2対の短い剛毛をもっている。環帯は第10~12体節にあり,雄性孔は第11体節の腹面に開く。頭部を泥の中に差し込んで逆立ちし,えらを水中で揺り動かして呼吸する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

環形動物門貧毛綱イトミミズ科の水生ミミズ。体の末端に糸状のえらが生じるため、この名がある。体節数約120個。体長は普通60~80ミリメートルであるが、なかにはその倍ぐらいの大きさに達する個体もみられる。色は淡紅または淡紫色。水田や池沼に多く、イトミミズと同じように体の前半を泥中に隠し、えらのある部分を水中に出してこれを揺り動かす。高温、低温のいずれにもよく耐えられるためか、世界中に広く分布する。エラミミズ類は世界にただ1種知られるだけである。

[大野正男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android