コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリア航法 エリアこうほう area navigation

翻訳|area navigation

1件 の用語解説(エリア航法の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

エリアこうほう【エリア航法 area navigation】

増加する航空交通,とくに航行援助無線施設およびターミナル付近の混雑を緩和し,空域を有効に利用する目的で開発されている航法システム。RNAVと略称される。従来の航行援助無線施設間を結んで設定された航空路にこだわらず,地図上で,ウェーポイント呼ばれる特定または任意の点を定め,原則としてウェーポイント間を結んだ経路を飛行する。ウェーポイントは緯度・経度座標またはVOR局からの角度と距離測定装置(DME)からの距離で定められ,機上のコンピューターがその情報に基づいて所定のウェーポイント間の飛行経路を算出するもので,慣性航法装置を用いる場合,ウェーポイント間の飛行経路のほか,これと平行な経路を設定する機能を付加することもできる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のエリア航法の言及

【航法】より

…また,本来,船を主体として開発されたオメガを航空機用にし,測定,計算をコンピューターで自動的に行い表示する新しい無線航法も一部ではすでに使われ始めている。 コンピューターが航法装置に利用されるようになって,従来,ある特定の地点から定められたコースに沿って飛行する線の航法に代わるものとして,任意の地点からコースを飛行できる面の航法(エリア航法)システムが開発され,高度の要素を加えた三次元の位置算出,すなわち航空路上の高度変更はもとより,離陸上昇,降下着陸に至る過程のもっとも適切な高度変化を求める方式(三次元エリア航法)が用いられている。また,近い将来,自動出力制御装置との連動による速度調節によって,特定の位置の通過時刻を調整し,効率的な交通の流れを計る四次元航法も実現しよう。…

※「エリア航法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エリア航法の関連キーワード航空交通管制航空路電波航法電波標識管制塔航空交通管制部航空灯火航空保安施設テレランラジオナビゲーション

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone