コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリザベト[チューリンゲン] エリザベト[チューリンゲン]Elisabeth von Thüringen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エリザベト[チューリンゲン]
Elisabeth von Thüringen

[生]1207. プレスブルク
[没]1231.11.17. マールブルク
ハンガリー王アンドラーシュ2世の娘。聖女。フランシスコ第3会員。 1221年チューリンゲン辺境伯ルートウィヒ4世と結婚。 25年よりマールブルクコンラートの指導下に生来の従順,清貧,隣人愛の生活を深め,26年の飢饉には,十字軍従軍の夫の留守中であったが全収入を貧者の糧に施した。死にいたる3年間はみずから設けたフランシスコ施療院で祈祷と慈善の生活をおくった。慈善事業と敬虔な生活でドイツ国民の敬愛を集め,貧者を伴った公妃 (またはフランシスコ第3会員) という姿で多くの美術品に表現されている。 35年列聖された。祝日 11月 19日。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

エリザベト[チューリンゲン]の関連キーワードサンアントニオ聖堂尊円法親王道元の母承元アセン兄弟民主代表選安達泰盛郭守敬四条天皇周期表