コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンドラーシュ2世 アンドラーシュにせいAndrás II; Endre II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンドラーシュ2世
アンドラーシュにせい
András II; Endre II

[生]1175
[没]1235.10.26
アールパード朝ハンガリー王国の王 (在位 1205~35) 。エンドレ2世とも呼ばれる。ベーラ3世の子。大貴族と争ったが,王領の財政悪化のため次第に譲歩を余儀なくされた。 1217年中近東への十字軍に1万 5000の兵を率いて出征。帰国後 1222年,金印勅書発布。貴族の諸権利,とりわけ国王布告に抵抗する権利を承認した。 1225年トランシルバニアに入植したドイツ騎士団を追放した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アンドラーシュ2世の関連キーワードエリザベト[チューリンゲン]バラジュディンエリーザベトベーラ4世

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android