コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊円法親王 ソンエンホウシンノウ

4件 の用語解説(尊円法親王の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そんえん‐ほうしんのう〔ソンヱンホフシンワウ〕【尊円法親王】

[1298~1356]伏見天皇の皇子。名は守彦。青蓮院(しょうれんいん)門跡となり、のち、天台座主(ざす)。書にすぐれ、青蓮院流を開いた。著「入木(じゅぼく)抄」。尊円親王

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尊円法親王 そんえんほうしんのう

1207-1231 鎌倉時代,後鳥羽天皇の皇子。
承元(じょうげん)元年生まれ。建保(けんぽ)5年出家し,聖護院にはいる。同年一身阿闍梨(あじゃり)となり,6年親王。寛喜(かんぎ)3年10月10日死去。25歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

そんえんほうしんのう【尊円法親王】

1298~1356) 伏見天皇第六皇子。名は守彦。親王宣下後仏門に入り青蓮院しようれんいん門跡を継いだ。1331年以後四度天台座主。書道にすぐれ、青蓮院流の祖。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尊円法親王
そんえんほうしんのう
(1298―1356)

能書で知られる南北朝時代の僧侶(そうりょ)。伏見(ふしみ)天皇の第六皇子、母は修理大夫三好俊衡(しゅりだゆうみよしとしひら)の娘衡子(ひらこ)(播磨内侍(はりまのないし))。1308年(延慶1)青蓮院(しょうれんいん)に入って親王宣下を受け、尊彦(たかひこ)と名のった。11年(応長1)大成院において薙髪(ちはつ)入道し、名を尊円と改め青蓮院門跡(もんぜき)となる。以後、常寿院別当、無動寺三昧(むどうじさんまい)院検校(けんぎょう)を経て、31年(元弘1)天台座主(ざす)となって以来、四たびその任についた。書は世尊寺行房(せそんじゅきふさ)・行尹(ゆきただ)兄弟に教えを受けて伏見天皇譲りの天賦の才を磨き、また上代(じょうだい)様の書を自ら学び、さらに宋(そう)の張即之(ちょうそくし)の書風を加味して、古典に立脚した独自の書風を完成した。以後、その書風は青蓮院流として一つの大きな書流となり、江戸時代には御家(おいえ)流と名を変えて、後世まで永い命脈を保った。その著『入木抄(じゅぼくしょう)』は後光厳(ごこうごん)天皇のために撰進(せんしん)したものであるが、法親王の書道観が述べられたもので注目される。真跡は懐紙、消息など多数が伝存する。[島谷弘幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尊円法親王の関連キーワード建久寿永後鳥羽院後鳥羽院御口伝大宮局国友(1)貞次(1)実慶道伊水無瀬親成

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone