コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道元の母 どうげんのはは

朝日日本歴史人物事典の解説

道元の母

没年:承元1(1207)
生年:生年不詳
平安後期・鎌倉時代の貴族の女性。松殿藤原基房の娘。名は伊子。元暦1(1184)年,木曾(源)義仲が都落ちの際に名残を惜しんだという,六条高倉に住んだ愛人で,その後,父の義理の弟源通親の妻となり,正治2(1200)年に道元を生んだ。しかし,建仁2(1202)年夫の通親を失い,自らも承元1(1207)年冬,道元が8歳のときに死んだ。<参考文献>今枝愛真『道元』

(細川涼一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

道元の母の関連キーワード承元アセン兄弟ディグリー・ミル卸売市場安喜門院九条兼実建永承元辛棄疾宗助国

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android