コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道元の母 どうげんのはは

1件 の用語解説(道元の母の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

道元の母

没年:承元1(1207)
生年:生年不詳
平安後期・鎌倉時代の貴族の女性。松殿藤原基房の娘。名は伊子。元暦1(1184)年,木曾(源)義仲が都落ちの際に名残を惜しんだという,六条高倉に住んだ愛人で,その後,父の義理の弟源通親の妻となり,正治2(1200)年に道元を生んだ。しかし,建仁2(1202)年夫の通親を失い,自らも承元1(1207)年冬,道元が8歳のときに死んだ。<参考文献>今枝愛真『道元』

(細川涼一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

道元の母の関連キーワード大宮局尾張局俊海如来尼藤原伊輔藤原忠季藤原盛景藤原師家正恒(2)源麗子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone