コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリュトラ海案内記 エリュトラかいあんないきPeriplus maris Erythraei

1件 の用語解説(エリュトラ海案内記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

エリュトラかいあんないき【エリュトラ海案内記 Periplus maris Erythraei】

ローマ帝国と東方世界との海上貿易の事情を記した書物。著者はエジプトに住むギリシア人商人あるいはギリシア人船乗りとみられる。本書の成立年代については,紀元40‐70年,70‐80年,95‐130年など異説が多い。エリュトラ海とは狭義には紅海を意味するが,本書ではアラビア海ペルシア湾インド洋ベンガル湾なども含む広い意味に使われ,これら海洋に面する沿岸各地の港市の位置や,そこで取引される商品に関する詳細な記事が載せられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のエリュトラ海案内記の言及

【インド洋】より

…南極海はインド洋,太平洋,大西洋の一部であるが,気象,海流,生物分布などについて共通する部分が多いため,それらについては〈南極海〉の項目で述べる。【氏家 宏】
[インド洋の観念の変遷]
 ギリシア人はエリュトラ海(紅海,ペルシア湾,インド洋の総称)が大西洋に続いていることを古くから知っていた(ヘロドトスの著作や《エリュトラ海案内記》に見られる)。古代地理学の集大成者プトレマイオス(2世紀)になると,かえってインド洋は周囲を陸地で囲まれた内海とされる。…

【ヒッパロスの風】より

…その間,片道40日を要する〉とある。《エリュトラ海案内記》にはこの風の命名の由来が述べられている。のちには〈貿易風〉とも呼ばれるようになった。…

※「エリュトラ海案内記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone