コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリンギウム Eryngium; eryngo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エリンギウム
Eryngium; eryngo

セリ科エリンギウム属の総称。 100~200種が世界中に分布する多年草または一,二年草。花は球状または円柱状の頭状花序を形成し,とげのある装飾的な総包に包まれている。葉は互生し,葉縁にも鋭い鋸歯がつく。青色や白色の花弁は萼片 (がくへん) より短く目立たないが,花序や総包が全体に銀青色を帯びる種類が多く,独特の雰囲気があって美しい。エリンギウム・アルピヌム E.alpinumやエリンギウム・プラヌム E.planumなどは,切り花としても流通している。日当りと,水はけのよい乾燥ぎみの土壌を好む。夏の高温多湿を嫌うため,日本では宿根化しにくい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エリンギウム(〈ラテン〉Eryngium)

セリ科の二年草または多年草。多く地中海沿岸地方に分布する観賞用植物。夏に、白また紫色の花が咲く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

エリンギウム

ヨーロッパや南北アメリカに原産するセリ科の多年草または2年草で,約200種がある。刺状の鋸歯をもつ葉を互生し,茎頂や枝端に球〜長球状の頭状花序をつけ,花序のつけ根によく目立つ総苞をもつ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エリンギウム
えりんぎうむ
[学]Eryngium

セリ科の1属名。葉片に刺(とげ)のある多年草で、地中海地方や南アメリカなどに100種ほど分布。葉はアザミに似て切れ込みがあるが、南アメリカのものは細長く、切れ込みはない。花は夏に咲き、マツカサ状の頭状花で目だたないが、その基部にある銀白色の包葉が花弁のように広がり造形的で美しい。草丈は0.6~2メートルになる種類もある。切り花や花壇用として観賞されるおもな栽培種には、ヒゴタイサイコE. amethystinum L.や大形で包葉がみごとなギガンチウムE. giganteum Bieb.、丸葉のマツカサアザミE. planum L.がある。切り花のほか、最近はドライフラワーにして染色したものも利用される。栽培は日当りと排水のよい、石灰質を含んだ砂質土がよい。春播(ま)きにすれば翌年開花する。株分け、根挿しも可能である。[神田敬二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エリンギウムの関連キーワードヒゴタイサイコヨーロッパ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android