コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリンギウム エリンギウム Eryngium; eryngo

4件 の用語解説(エリンギウムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エリンギウム
エリンギウム
Eryngium; eryngo

セリ科エリンギウム属の総称。 100~200種が世界中に分布する多年草または一,二年草。花は球状または円柱状の頭状花序を形成し,とげのある装飾的な総包に包まれている。葉は互生し,葉縁にも鋭い鋸歯がつく。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エリンギウム(〈ラテン〉Eryngium)

セリ科の二年草または多年草。多く地中海沿岸地方に分布する観賞用植物。夏に、白また紫色の花が咲く

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

エリンギウム

ヨーロッパや南北アメリカに原産するセリ科の多年草または2年草で,約200種がある。刺状の鋸歯をもつ葉を互生し,茎頂や枝端に球〜長球状の頭状花序をつけ,花序のつけ根によく目立つ総苞をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エリンギウム
えりんぎうむ
[学]Eryngium

セリ科の1属名。葉片に刺(とげ)のある多年草で、地中海地方や南アメリカなどに100種ほど分布。葉はアザミに似て切れ込みがあるが、南アメリカのものは細長く、切れ込みはない。花は夏に咲き、マツカサ状の頭状花で目だたないが、その基部にある銀白色の包葉が花弁のように広がり造形的で美しい。草丈は0.6~2メートルになる種類もある。切り花や花壇用として観賞されるおもな栽培種には、ヒゴタイサイコE. amethystinum L.や大形で包葉がみごとなギガンチウムE. giganteum Bieb.、丸葉のマツカサアザミE. planum L.がある。切り花のほか、最近はドライフラワーにして染色したものも利用される。栽培は日当りと排水のよい、石灰質を含んだ砂質土がよい。春播(ま)きにすれば翌年開花する。株分け、根挿しも可能である。[神田敬二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エリンギウムの関連キーワードシーボーギウムエリンギ茸挵蝶エリスリナコレギウム・アウレウム合奏団コレギウム・ムジクム90クロストリジウム属ペニシリウム属メサンギウム細胞メザンギウム

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エリンギウムの関連情報