コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルフィンストーン Elphinstone, Mountstuart

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルフィンストーン
Elphinstone, Mountstuart

[生]1779.10.6. イギリス,ダンバートンシャー
[没]1859.11.20. イギリス,サリー
イギリスのインド行政官,歴史家。 1795年イギリス東インド会社の書記となり,1801年プーナの宰相 (ペーシュワー ) バージー・ラーオ2世の宮廷駐在官補佐となった。以来,インド諸藩王国でイギリス支配権強化のために活躍した。ことに 11~17年のプーナ駐在官として,さらに 17~18年の第3次マラータ戦争での外交・軍事面での活躍は顕著なものであった。 19~27年ボンベイ州知事をつとめ,行政改革や住民対策に尽力し,27年退官,帰国した。主著に『インド史』 History of India (2巻,1841) ,『東洋におけるイギリス勢力の興隆』 Rise of British Power in the East (87) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エルフィンストーンの関連キーワードミントー(1st Earl of Minto Gilbert Elliot)バルメリノ(男家)ダフ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android