エルブールズ山脈(読み)エルブールズさんみゃく(英語表記)Elburz Mountains

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルブールズ山脈
エルブールズさんみゃく
Elburz Mountains

イラン北部,カスピ海南西のアゼルバイジャン国境から,カスピ海南東のホラーサーン州まで,弧状に走る新第三紀褶曲山脈。ペルシア語ではアルボルズ Reshteh-ye Kūhhā-ye Alborz。全長 900km,幅 25~120km。地質は石灰岩を主とし,ところどころに溶岩を載せる。地形から西部,中部,東部の三つに区分される。西部はタリーシュ山脈と呼ばれ,3000m級の高峰はほとんどなく高原状を呈し,中部は最も高峻で,イランの最高峰ダマーバンド山(5671m)が山脈中に突出している。東部は高度を下げつつコペトダグ山脈に接続する。エルブールズ山脈の両側では気候が極端に異なり,北のカスピ海沿岸は湿潤地帯で森林が繁茂し,南のイラン高原では大陸性の砂漠気候となる。山地は遊牧民の夏の牧地として利用される。鉱物資源は少ない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android