エルンスト カッシーラー(英語表記)Erunst Cassirer

20世紀西洋人名事典の解説

エルンスト カッシーラー
Erunst Cassirer


1874.7.28 - 1945.4.13.(5.15.説あり)
ドイツの哲学者。
元・オックスフォード大学教授,元・イエテボリ大学教授,元・ニール大学教授,元・コロンビア大学教授,元・ハンブルク大学総長。
ブレスラウ(後のポーランド領)生まれ。
並外れた博識の持ち主で、コーヘンナトルプなどと新カント派のマールブルク学派の一人として出発した。二つの大戦の歴史的経験から、20世紀の思想の源流となる著作を生み出していく。前期の代表作として「近代の哲学と科学における認識問題」全3巻(1906〜20年)、後期には「シンボル的動物」としての人間文化についての哲学的究明を論じた「象徴形式の哲学」(’22〜29年)を表した。ナチス政権後はアメリカに渡り、「人間」(’44年)を書き、広く読まれた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

エルンスト カッシーラー

生年月日:1874年7月28日
ドイツのユダヤ人哲学者
1945年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android