コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エレア派 エレアはEleatics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エレア派
エレアは
Eleatics

前6世紀の後半南イタリアのエレアに起った哲学の一派。クセノファネスパルメニデスゼノンメリッソスらが代表者。その学説は存在のあらゆる有限な規定性,変化を否定し,無規定的で変転しない純粋な存在のみを認める一元論である。創始者クセノファネスは神を一者と呼んで多神教を攻撃し,この派を体系化したパルメニデスは,純粋な唯一の存在という概念を多様性の概念に鋭く対立させ,それに向う純粋な思考を唯一の確実な認識とした。ゼノンはこの一者の概念を最も純粋に抽象し,一と多の対立を明確にした。彼はその学説を鋭い論理により擁護しており,アリストテレスによって弁証法の創始者といわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エレア派の関連キーワードエウクレイデス[メガラ]ディアレクティケゼノン[エレア]アキレスの論証ソクラテス以前メトロドロスギリシア哲学存在と非存在デモクリトスメガラ学派メガラ派現象

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android