コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

量子収量 りょうししゅうりょうquantum yield

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

量子収量
りょうししゅうりょう
quantum yield

光を吸収して化学反応が起るとき,吸収された光量子 (そのエネルギーは hν ,h はプランク定数,νは振動数) の数に対する実際の光化学反応を起した分子数の割合。また光電子放出やケイ光の現象において吸収された光量子数に対して実際にその現象を起した電子や光量子数の割合も量子収量と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りょうししゅうりょう【量子収量 quantum yield】

光吸収や化学反応素過程のような数えられる現象の数nに対して,その結果ひき起こされた現象の数mとの比Φ=m/nをいう。量子収率ともいう。たとえば,(1)光電子放出,蛍光,リン光などにおいて,有効に働いて起こった電子の放出や発光などの現象で,吸収された光子数の比,(2)光化学反応において吸収された光子数nに対する,光化学初期過程(光分解,励起分子と他の分子との反応など)や光化学後続過程(初期過程によって生じた原子,遊離基などによる後続反応)の起こった数mの比,また(3)化学ルミネセンスにおいて,化学反応素過程数nに対する発光した光子数mの比をいう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の量子収量の言及

【光合成】より

…細菌型光合成を基礎として進化の結果,地球上に豊富に存在する水を水素供与体とする緑色植物型の光合成が約10億年前に出現し,地球上にO2の出現をもたらした。 1個の光量子によって,固定されるCO2または発生するO2の分子数を光合成の量子収量quantum yield of photosynthesisといい,この逆数を光合成の要求量子数quantum requirement of photosynthesisという。要求量子数として,かつてO.H.ワールブルクは4という値(4光量子説)を主張したが,現在では8~10という値が一般に受け入れられている。…

※「量子収量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

量子収量の関連キーワードエレクトロノグラフ化学発光用色素ワールブルク蛍光性色素量子収率励起分子リン光光化学光子