エレン バースティン(英語表記)Ellen Burstyn

20世紀西洋人名事典の解説


1932.12.7 -
米国女優
ミシガン州デトロイト生まれ。
本名Edna Rae Gilhooly。
アクターズ・スチューディオで演技を学び、1957年「Fair Game」でブロードウェイデビュー。’64年「踊れ!サーフィン」で映画デビューし、’71年「ラスト・ショー」でニューヨーク映画批評家協会賞を受賞し、アカデミー賞にもノミネート。「エクソシスト」(’73年)でもノミネートされ、「アリスの恋」(’75年)で主演女優賞を獲得したほか、「Same Time,Next Year」でトニー賞を受けている。’82年からはアクターズ・スチューディオ共同ディレクターの一人。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1932年12月7日
アメリカの女優

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
女優

国籍
米国

生年月日
1932年12月7日

出生地
ミシガン州デトロイト

本名
ギルーリー,エドナ・レイ〈Gillooly,Edna Rae〉

別名
旧芸名=マクレー,エレン

受賞
アカデミー賞主演女優賞(第47回,1974年度)〔1975年〕「アリスの恋」,ニューヨーク映画批評家協会賞〔1971年〕「ラスト・ショー」,トニー賞主演女優賞(第29回)〔1975年〕「Same Time,Next Year」,ゴールデン・グローブ賞主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門,第36回,1978年度)「Same Time,Next Year」,ベルリン国際映画祭ベルリナーレ・カメラ賞(第38回)〔1988年〕

経歴
18歳でテキサスへ行き、モデルとして働く。モントリオールへ移り、ダンサーとなった後ニューヨークへ進出、テレビCMやソープ・オペラなどへの端役出演を続けながらアクターズ・スタジオで演技を学ぶ。1957年エレン・マクレーの名でブロードウェイの舞台にデビュー。’64年「踊れ!サーフィン」で映画初出演、’70年以降エレン・バースティンと改め、多くの作品で好演を見せる。’71年「ラスト・ショー」、’73年「エクソシスト」でアカデミー賞助演女優賞にノミネート、’75年「アリスの恋」(’74年)で同主演女優賞を獲得、同年ブロードウェイの舞台「Same Time,Next Year」でトニー賞も受賞する。2000年「レクイエム・フォー・ドリーム」で6度目のアカデミー賞候補となる。映画の他の出演作には「さよならチャーリー」(1964年)、「ハリーとトント」(’74年)、「女の叫び」(’78年)、「レザクション/復活」(’80年)、「ハンナ・セネシュ」(’88年)、「セメタリークラブ」(’93年)、「キルトに綴る愛」(’95年)、「この森で、天使はバスを降りた」(’96年)、「裏切り者」(’99年)、「ファウンテン 永遠に続く愛」「ウィッカーマン」(2006年)、「ブッシュ」(2008年)、「アナザー・ハッピー・デイ」(2011年)など。1982年リー・ストラスバーグの死後、アクターズ・スタジオの共同ディレクターに就任(’88年まで)。’80年代からはテレビ出演も多く、「The Ellen Burstyn Show」(’86年)で主演。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特任教授

大学・研究機関で特定有期雇用教員について、便宜上「教授」などの名を付したもの。外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android