エロチシズム

精選版 日本国語大辞典「エロチシズム」の解説

エロチシズム

〘名〙 (eroticism)⸨エロティシズム⸩ (ギリシア語エロス」に由来。本来は精神的な愛をさしたが、のちには肉体的な愛をいう)
① 性的関心、興奮を呼びおこすようなもの。「色気」とほぼ同意であるが、それをやや哲学的、肯定的にとらえたことば。
※浅草紅団(1929‐30)〈川端康成〉一〇「エロチシズムと、ナンセンスと、スピイドと時事漫画風なユウモアと、ジャズ・ソングと、女の足と━」
文学、劇、絵画などにおいて、性的なものを強調すること。あるいはそういう傾向、表現。
※明治文壇総評(1931)〈正宗白鳥〉三「紅葉のエロチシズムは、こういう風に古めかしい。抓ること噛みつくことである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「エロチシズム」の解説

エロチシズム(eroticism)

《「エロティシズム」とも》性愛・情欲をよび起こす性質。芸術作品などで、そのような傾向の表現。「エロチシズムを漂わせる裸婦像」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android