コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エワゴラス Euagoras

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エワゴラス
Euagoras

[生]?
[没]前374
古代キプロス島のサラミス王 (在位前 410頃~374) 。エバゴラスとも呼ばれる。アテネと友好関係を保ち,前 394年クニドス沖の戦いでは,アケメネス朝ペルシアの援助を取付けてスパルタ艦隊を破った。前 391年からペルシアとの戦いに入り,アテネ,エジプトの援助を得てキプロス島の大半と小アジアの数市に支配を広げた。しかし前 386年アンタルキダスの和約後,アテネ援助をやめたため,独力で戦い,前 381年キチオンの戦いで敗れ,講和を締結。名目上は王位にとどまったが,ペルシア王に臣事した。のち宦官によって暗殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エワゴラスの関連キーワードアケメネス朝ペルシアエバゴラスキプロス島

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android