コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンイェルブレクト Engelbrekt

世界大百科事典 第2版の解説

エンイェルブレクト【Engelbrekt】

1380以後‐1436
カルマル同盟にたいするスウェーデン独立闘争の平民指導者。1434年ダーラナ地方の独立自営の鉱夫・農民を指揮して蜂起し,デンマーク勢力を全土から駆逐,35年〈統治者〉2人のうちの1人に選出されたが,翌年暗殺された。彼を選出したアルボガの全国集会riksdagは,不正規ながら,聖職者・貴族・都市民・農民の代表からなり,スウェーデン最初の国会Riksdagとされる。【熊野 聰】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のエンイェルブレクトの言及

【スカンジナビア】より

…早くからスカンジナビアの輸出産業となった鉄鉱業は,その歴史を農民の補充経済としてはじめられた。エンイェルブレクトグスタブ1世を支持したダーラナ地方の鉄鉱夫はこのような農民的性格をもっていたし,ハンザ同盟と対抗しつつ中世のバルト海交易を担ったゴトランド商人も専業者というよりは〈農民商人〉であった。 このような自由な土地所有農民(オーダル農民とよばれ,英語のfranklinに近い)は,バイキング時代後期から国家形成とともに徐々に分解を始める。…

※「エンイェルブレクト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android