コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エークナート Eknāth

1件 の用語解説(エークナートの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

エークナート【Eknāth】

1533‐99?
インド西部,マラーター地方(マハーラーシュトラ)の宗教家。バーガバタ派の著名なバーヌダースの曾孫。パイタンの生れであるが,12歳以来,パンダルプルなどの聖地を中心に活動した。正規のサンスクリットの教育を受けたが,俗語マラーティーで《バガバッドギーター》の注釈書《ジュニャーネーシュワリー》を著した13世紀の宗教家ジュニャーネーシュワルに傾倒,同書の編纂に当たった。彼は,熱烈な一神教的なバクティ(信愛)の念を歌い上げる宗教詩人として膨大な詩を作ったといわれるが,現存するものとしては,聖典《バーガバタ・プラーナ》の第11章への注釈書,《ラーマーヤナ》の精神を歌った《バーバールタ・ラーマーヤナ》がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

エークナートの関連キーワード月舟寿桂成瀬ダム朝倉義景イワンインカ帝国ウィレムエリザベスカルタヘナ島津義久達延汗

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone