コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エークナート Eknāth

世界大百科事典 第2版の解説

エークナート【Eknāth】

1533‐99?
インド西部,マラーター地方(マハーラーシュトラ)の宗教家。バーガバタ派の著名なバーヌダースの曾孫。パイタンの生れであるが,12歳以来,パンダルプルなどの聖地を中心に活動した。正規のサンスクリットの教育を受けたが,俗語マラーティーで《バガバッドギーター》の注釈書《ジュニャーネーシュワリー》を著した13世紀の宗教家ジュニャーネーシュワルに傾倒,同書の編纂に当たった。彼は,熱烈な一神教的なバクティ(信愛)の念を歌い上げる宗教詩人として膨大な詩を作ったといわれるが,現存するものとしては,聖典《バーガバタ・プラーナ》の第11章への注釈書,《ラーマーヤナ》の精神を歌った《バーバールタ・ラーマーヤナ》がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エークナートの関連キーワード月舟寿桂阿佐井野宗瑞カルバンピサロ(Francisco Pizarro)ラブレー総合年表(アメリカ)朝倉義景アリオストイワンインカ帝国

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android