オオウシノケグサ(読み)おおうしのけぐさ

  • Festuca rubra L.
  • おおうしのけぐさ / 大牛毛草

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イネ科(APG分類:イネ科)の小形の多年草。ウシノケグサに似るが、走出枝は古い葉鞘(ようしょう)を突き抜けて横に出る。株の基部はやや淡紅色を帯びることがあるので区別される。本州中部地方以北、北海道の高山の岩場に生え、北半球の亜寒帯に広く分布する。[許 建 昌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオオウシノケグサの言及

【フェスク】より

…日本各地で野生化している。 レッドフェスクF.rubra L.(英名red fescue,creeping fescue)は和名オオウシノケグサ。北半球の温・亜寒帯に分布する多年草。…

※「オオウシノケグサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android