オオカバマダラの生物圏保護区(読み)オオカバマダラのせいぶつけんほごく

世界遺産詳解の解説

オオカバマダラのせいぶつけんほごく【オオカバマダラの生物圏保護区】

2008年に登録されたメキシコの世界遺産(自然遺産)で、同国中央部、首都メキシコ・シティの北西に位置する山岳高山地帯。この生物圏保護区は、蝶の一種であるオオカバマダラ(マリポーサ・モナルカ)が越冬する際に暮らす地域の保護を目的としている。オオカバマダラのメキシコの生息地は12ヵ所あるといわれ、そのうち8ヵ所がこの保護区内に存在し、さらにそのうちの4ヵ所が一般公開されている。◇英名はMonarch Butterfly Biosphere Reserve

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android