コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオカモメヅル おおかもめづる

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオカモメヅル
おおかもめづる / 大鴎蔓
[学]Tylophora aristolochioides Miq.

ガガイモ科の多年生つる草。葉は三角状の長卵形で、先は鋭く尾状にとがり、基部は心臓形となる。7月、葉腋(ようえき)に短い花柄を伸ばし、暗紫色の小さな5弁花をまばらにつける。果実は狭披針(きょうひしん)形で細く、2個が水平に開出する。丘陵帯から山地帯の野原や林縁に生え、北海道、本州、四国、九州に分布する。オオカモメヅル属は、花はややまばらにつき、花粉塊は直立する。世界に100種分布し、そのうち日本に5種がある。[高橋秀男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオオカモメヅルの言及

【イケマ】より

…北海道から九州に生育し,東アジアに分布する。オオカモメヅルTylophora aristolochioides Miq.は山地の林内に生える多年生のつる草で,イケマなどに似たガガイモ科の1種。葉は広披針形で,基部がやや張り出して三角状となっており,長さ6~12cm,幅2~6cm。…

※「オオカモメヅル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android