オオツルウメモドキ(読み)おおつるうめもどき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオツルウメモドキ
おおつるうめもどき / 大蔓梅擬
[学]Celastrus stephanotifolius (Makino) Makino

ニシキギ科のつる性落葉低木。シタキツルウメモドキともいう。枝は灰褐色で皮目がある。葉は広楕円(こうだえん)形で長さ6~10センチメートル。花は5~6月に開き、淡緑色。ツルウメモドキに似るが、枝、葉の下面、花序に短毛がある。関東地方以西の本州、四国、九州に分布する。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオオツルウメモドキの言及

【ツルウメモドキ】より

…茎は南蛇藤(なんじやとう)と呼ばれ,風邪薬など薬用にされる。 オオツルウメモドキC.stephonotifolius (Makino) Makinoはツルウメモドキに似て葉が大きく,裏面の脈上にちぢれた毛がある。ツルウメモドキ属Celastrusは英名をbitter‐sweetという。…

※「オオツルウメモドキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android