コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオワレカラ Caprella kroyeri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオワレカラ
Caprella kroyeri

軟甲綱端脚目ワレカラ科の海産動物。ワレカラ類(→ワレカラ)中の最大種で,体長 6cmに達する。体は円筒形で,第1触角は体長にほぼ等しい。浅海の砂底に生息するアマモスガモの上に比較的多産する。一様な緑色個体が多いが,周囲の色彩に似た褐色を帯びた個体もみられる。北海道以南九州まで分布するが,北日本に多い。(→甲殻類節足動物端脚類軟甲類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のオオワレカラの言及

【ワレカラ(割殻)】より

…世界的に広く分布し,日本各地で見られる。オオワレカラC.kroeyeriは北方系で,ワレカラ中最大,体長6cmくらいになる。ワレカラモドキProtella gracilisは浅海のヒドロ虫や海藻の間にすみ,体長2cmくらい。…

※「オオワレカラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オオワレカラの関連キーワード割殻

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android