コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オキクルミ オキクルミ

4件 の用語解説(オキクルミの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

オキクルミ

アイヌ語アイヌ創世神話に登場する英雄神。アイヌの祖とされる。アイヌラックル。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

オキクルミ

アイヌの伝承上の神。
人間に生活の知恵をさずけ神事をおしえた半神半人の英雄。北海道日高地方につたわる。魔神を退治し,人間に稗(ひえ)の栽培法をおしえた。アイヌラックルやアエオイナカムイという神と同一視されることもおおい。和人によって源義経とむすびつける説も生まれた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

オキクルミ

アイヌ民族の口承文芸「カムイ・ユーカラ」(神謡)に登場する国土創造の神。新しい国土の主として人間界(北海道沙流郡平取町)に降りたといわれる。伝承では,魔神を撃退し,持参した稗で耕作を教え,大船の造り方や角鮫捕りの銛・ヤスの用法,狩猟の際の毒矢や仕掛弓などを教えるとともに,木幣(イナウ)を削って神を崇めることなど神事を教えたとされている。しかし,次第にアイヌ民族オキクルミの徳にそむくようになったため,島から隣国へ去っていったというものである。江戸時代の儒学者新井白石は,著書『蝦夷志』で,アイヌ民族がこのオキクルミを源義経であるといい伝えていると記している。<参考文献>金田一京助『アイヌ文化志』

(海保洋子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

オキクルミ

アイヌの開闢かいびやく神話の英雄神。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オキクルミの関連キーワードユーカラ口承文芸・口承文藝知里幸恵口承文学四宅ヤヱ白沢ナベ中村要吉ポイヤウンペ《口承文芸史考》中国口承文芸

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オキクルミの関連情報