オキクルミ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

オキクルミ

アイヌの伝承上の神。
人間に生活の知恵をさずけ神事をおしえた半神半人の英雄。北海道日高地方につたわる。魔神を退治し,人間に稗(ひえ)の栽培法をおしえた。アイヌラックルやアエオイナカムイという神と同一視されることもおおい。和人によって源義経とむすびつける説も生まれた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

オキクルミ

アイヌ民族の口承文芸「カムイ・ユーカラ」(神謡)に登場する国土創造の神。新しい国土の主として人間界(北海道沙流郡平取町)に降りたといわれる。伝承では,魔神を撃退し,持参した稗で耕作を教え,大船の造り方や角鮫捕りの銛・ヤスの用法,狩猟の際の毒矢や仕掛弓などを教えるとともに,木幣(イナウ)を削って神を崇めることなど神事を教えたとされている。しかし,次第にアイヌ民族がオキクルミの徳にそむくようになったため,島から隣国へ去っていったというものである。江戸時代の儒学者新井白石は,著書『蝦夷志』で,アイヌ民族がこのオキクルミを源義経であるといい伝えていると記している。<参考文献>金田一京助『アイヌ文化志』

(海保洋子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android