コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オケルマナイト åkermanite

世界大百科事典 第2版の解説

オケルマナイト【åkermanite】

メリライト(黄長石)の一種で,化学組成Ca2MgSi2O7をもち,ゲーレナイトと固溶体を形成する鉱物。正方晶系。短柱または板状結晶。無色,灰緑,褐色のガラス光沢。モース硬度5~6,比重2.944。塩酸によりゼラチン化する。Mgが四配位座を占める珍しいケイ酸塩鉱物で,温度700℃以下,圧力4kbar以下の領域で,モンティセライトとケイ灰石に分解する。天然にはまれで,接触変成岩や広域変成帯の斜長岩中の捕獲岩に産するが,日本では発見されていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android