オサラン(英語表記)Eria reptans (Fr.et Sav.) Makino

世界大百科事典 第2版の解説

オサラン【Eria reptans (Fr.et Sav.) Makino】

日本南部,暖帯林の樹皮に着生する小型のラン科植物。和名は,並んだ偽球茎を織機の筬(おさ)にたとえたもの。偽球茎があり連なる。春,古い偽球茎の先に新しい偽球茎をつけ,葉を2枚展開する。葉は狭長楕円形で,長さ5~8cm,冬に脱落する。6~7月に葉間より花茎を出し,通常1~2花をつける。花は唇弁を除き白色,半開し,直径約1cm。背萼片は長さ約8mm。側萼片は基部が3~4mmの顎になる。唇弁は広いくさび形で3裂し,中裂片は黄色い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オサラン
おさらん / 筬蘭
[学]Eria reptans Makino

ラン科の多年草。偽鱗茎(ぎりんけい)が連なり、新しい偽鱗茎の先に葉を通常、2枚展開する。6~7月、葉間から花茎を出し、通常1~2花をつける。花は白色で半開し、径約1センチメートル。花粉塊は8個。樹木の幹や岩上に着生し、本州南西部以南、台湾に分布する。名は、一列に並ぶ偽鱗茎を機(はた)織りの筬(おさ)に見立てたもの。[井上 健]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android