オステオパシー療法(読み)オステオパシーりょうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オステオパシー療法
オステオパシーりょうほう

アメリカの医師 A.T.スティル (1828~1917年) が創始した治療体系。人体の構造上のゆがみを矯正する手技療法の重要性を強調する。構造上のゆがみを「オステオパシー的病変」と称し,初期の仮説ではその発病機序として動脈を重視した。少し遅れて出発した同じアメリカの D.D.パーマーによるカイロプラクティック療法と,よく似ている。その後,発病機序について両者とも,初期の単純な考え方から,多くの因子を考慮する立場に変っていった。ただし,その実態はいまだ解明されていない。両者には用語や考え方などに相違する点はあるが,初期のころから広範に交流が行なわれてきている。現在のオステオパス (オステオパシー専門医) は,背骨のみでなく骨盤,足その他の関節,頭蓋骨,軟部組織にも徒手治療をし,薬物投与や外科的方法も行なっている。アメリカでは専門の大学や学部があり,DO (Doctor of Osteopathy) の称号を出し,近年はアメリカの医師会も入会を認めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android