オストロウェンカ(英語表記)Ostrołęka

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オストロウェンカ
Ostrołęka

ポーランド北東部,マゾウィエツキェ県の都市。ワルシャワの北東約 100km,ナルウィア (ナレフ) 川に面する。 15~16世紀に手工業,商業の中心地として栄えた。 1563年の大火と 1705~08年のスウェーデンとの戦争で町が荒廃。 1807年のロシア軍とフランス軍の戦場,1831年のポーランド蜂起軍とロシア軍の戦場としても有名。 19世紀要塞都市として発展。第2次世界大戦後,電力,製紙,製材を中心に工業化が急速に進んだ。人口5万 4238 (2002) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android