コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オストワルト法 オストワルトホウ

百科事典マイペディアの解説

オストワルト法【オストワルトほう】

アンモニアの酸化による硝酸の工業的製法。F.W.オストワルトの発明。アンモニアと空気の混合気体を高温で,白金または白金‐ロジウム触媒上で反応させて酸化窒素NOをつくり,これを低温で酸化して二酸化窒素NO2とし,水に吸収させて硝酸にする。
→関連項目オストワルト

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

オストワルトほう【オストワルト法】

白金を主とした触媒でアンモニアを酸化し、生成物を水に吸収させて硝酸を合成する工業的方法。アンモニア酸化法。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オストワルト法
おすとわるとほう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のオストワルト法の言及

【硝酸】より

…前者は資源枯渇により,後者は電力消費量が大きく,生成NO濃度が少のため,長くは利用されなかった。現在は,1902年F.W.オストワルトの研究になるアンモニア酸化法(オストワルト法)によりもっぱら生産されている。(1)希硝酸 製造工程は次の3部分からなる。…

※「オストワルト法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オストワルト法の関連キーワード生成物

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android