コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オスマン主義 オスマンしゅぎ Osmanlıcılık

1件 の用語解説(オスマン主義の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オスマンしゅぎ【オスマン主義 Osmanlıcılık】

オスマン帝国の住民すべてに,その宗教および民族の違いにかかわらず,同じ権利を与え,それによって帝国の政治的一体性を守ろうとする立場。オスマン帝国は,本来カリフの存在によってイスラム教徒を統合すべき〈イスラム国家〉であったが,キリスト教徒少数民族の権利擁護を口実に干渉してくるヨーロッパ列強の矛先をかわすため,イスラム教徒とキリスト教徒との二元性を克服し,それらの平等を基礎とした〈近代国家〉としての体裁を整える必要に迫られるようになっていった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オスマン主義の関連キーワードオットマン帝国オスマン帝国ギリシャ独立戦争イスラム帝国オスマンオスマン語オスマントルコオスマンダオスマン朝チェキルゲ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone