オスマン主義(読み)オスマンしゅぎ(英語表記)Osmanlıcılık

世界大百科事典 第2版の解説

オスマンしゅぎ【オスマン主義 Osmanlıcılık】

オスマン帝国の住民すべてに,その宗教および民族の違いにかかわらず,同じ権利を与え,それによって帝国の政治的一体性を守ろうとする立場。オスマン帝国は,本来カリフの存在によってイスラム教徒を統合すべき〈イスラム国家〉であったが,キリスト教徒少数民族の権利擁護を口実に干渉してくるヨーロッパ列強の矛先をかわすため,イスラム教徒とキリスト教徒との二元性を克服し,それらの平等を基礎とした〈近代国家〉としての体裁を整える必要に迫られるようになっていった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android