コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オスマン主義 オスマンしゅぎOsmanlıcılık

世界大百科事典 第2版の解説

オスマンしゅぎ【オスマン主義 Osmanlıcılık】

オスマン帝国の住民すべてに,その宗教および民族の違いにかかわらず,同じ権利を与え,それによって帝国の政治的一体性を守ろうとする立場。オスマン帝国は,本来カリフの存在によってイスラム教徒を統合すべき〈イスラム国家〉であったが,キリスト教徒少数民族の権利擁護を口実に干渉してくるヨーロッパ列強の矛先をかわすため,イスラム教徒とキリスト教徒との二元性を克服し,それらの平等を基礎とした〈近代国家〉としての体裁を整える必要に迫られるようになっていった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

オスマン主義の関連キーワードアジーズ・アリー・アルミスリーアブデュルハミト[2世]ユスフ アクチュラヒジャーズ鉄道汎トルコ主義トゥラニズムアクチュラ

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android