オゾニド

百科事典マイペディアの解説

オゾニド

−C=C−の二重結合をもつ化合物にオゾンが1分子付加した不安定な化合物の総称。オゾン化合物とも。爆発性。水で分解するか,還元すると2分子のカルボニル化合物になるので,不飽和化合物の構造決定に用いられる。(図)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のオゾニドの言及

【オゾン】より

…エチレン結合をもつ不飽和有機化合物に作用させると,二重結合の部分にオゾン1分子が付加する。生成物をオゾニド(オゾン化物)という。これを還元剤の存在下で加水分解するとアルデヒドやケトンを生ずる。…

【オゾン化物】より

…オゾニドとも呼ばれる。(1)一般式MO3で表される,O3を含む無機化合物で,Mとしてはアルカリ金属イオンが知られている。…

※「オゾニド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android