コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オゾン化物 オゾンかぶつozonide

翻訳|ozonide

世界大百科事典 第2版の解説

オゾンかぶつ【オゾン化物 ozonide】

オゾニドとも呼ばれる。(1)一般式MO3で表される,O3を含む無機化合物で,Mとしてはアルカリ金属イオンが知られている。(2)エチレン結合をもつ不飽和有機化合物にO3が付加して形成される,次のような構造をもつ化合物をいう。この化合物は一般に粘稠な液体で爆発性がある。水と反応すると分解しアルデヒドやケトンを生ずる(オゾン分解)。三重結合をもつ化合物では次に示すような結合をもつオゾニドが生成すると考えられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

オゾン化物の関連キーワードエチレン結合無機化合物アルデヒド超酸化物酸化物

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android