コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超酸化物 ちょうさんかぶつhyperoxide; superoxide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超酸化物
ちょうさんかぶつ
hyperoxide; superoxide

O2- を分子中に含む酸化物をいう。たとえば NaO2 ,KO2 ,CaO4 ,BaO4 などが知られている。アルカリ金属超酸化物は黄色,常磁性の固体。一般に乾燥空気中では安定であるが,水と反応して酸素を放出し,過酸化物に変る。強烈な酸化剤である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうさんかぶつ【超酸化物 hyperoxide】

O2イオンを有する化合物。MO2(M=Na,K,Rb,Cs),M(O2)2(M=Ca,Sr,Ba)などが知られている。アルカリ金属または金属酸化物を過剰の酸素と加熱しながら反応させるか,アルカリ土類金属の過酸化物と過酸化水素濃厚水溶液とを加熱して得られる。アルカリ金属の超酸化物は黄色,常磁性の固体で,常磁性はO―Oの3電子結合における不対電子に基づいている。炭化カルシウム型の固体で,O―O結合は1.28Å程度であるが,NaO2のみは黄鉄鉱型構造で,O―O結合距離は1.33Åと長くなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

超酸化物
ちょうさんかぶつ
hyperoxidesuperoxide

超酸化物イオンO2-を含む化合物をいう。一般式MIO2で示される。電気陽性の強い元素の化合物のみが知られている(MI=Na,K,Rb,Cs,1/2Ca,1/2Sr,1/2Ba)。O3-はオゾン化物イオンといい、MIO3(MI=Na,K,Rb,Cs)で示される化合物はオゾン化物(オゾニドozonide)であって、超酸化物とはいわない。
 アルカリ金属の化合物は、金属あるいは金属酸化物を十分な酸素あるいは空気と熱して得られる。アルカリ土類金属化合物は、過酸化物と過酸化水素濃溶液との長時間加熱によって得られる。
 アルカリ金属の化合物は黄色常磁性([OO]-イオンの存在のため)の固体。ナトリウム化合物のほかは乾燥空気中で安定。高温では分解し、融解状態では黒色を呈する。水と反応して酸素を放って過酸化物となり、高温ではさらに水酸化物にまで分解する。
  2KO2→K2O2+O2
  K2O2+H2O→2KOH+1/2O2
 アルカリ土類金属化合物は純粋なものが得にくい。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例