オックスフォード学派(読み)オックスフォードがくは(英語表記)Oxford School

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オックスフォード大学を中心に程度の差はあるが,ヘーゲル国家観に立って新時代の倫理や政策原理を構築しようとした人たちの総称。 1870年代のイギリスにおいては政治,社会,経済の各方面に重大な変化が生じ,従来の自由主義的,個人主義的基調がゆらぎはじめた。そしてこれと同時に思想界にも,ドイツ理想主義哲学に基づいて新しい思想体系を樹立しようとする動きが生じた。その先駆者は T. H.グリーンであったが,これに続いて F.ブラッドリー,B.ボサンケ,D.リッチー,J.バーネット,J.ミュアヘッドなどが現れた。これらの人々はそのほとんどがオックスフォード大学で研究生活をおくったので,オックスフォード学派と呼ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

日常言語の分析を通じて哲学的問題の解明を図る分析哲学者のグループ。オックスフォード大学を中心として、ライル・オースティン・ストローソンなどによって展開された。日常言語学派。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android