オックスフォード経済調査(読み)オックスフォードけいざいちょうさ

世界大百科事典 第2版の解説

1930年代は,経済学の諸仮定にさまざまな疑問が提出された時代であった。こうした流れのなかでオックスフォード大学につくられた経済調査グループは,〈各市場の価格は弾力的か〉について実態調査を行った。利子率為替レートに関する調査のほか,産業組織に関しては,限界費用にもとづく利潤の最大化という行動のルールについて,はたしてそれが実証的に妥当するかについて,P.W.アンドルーズを中心として企業行動の実態調査が行われた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android